Le Macchiole/Paleo 2006 (レ・マッキオーレ/パレオ)

オススメ度:5/5 – great

生産者:Le Macchiole

ワイン名:Paleo

タイプ:赤

産地:イタリア、トスカーナ

品種:カベルネ・フラン

価格帯:15,000円〜

ヴィンテージ:2006

テースティング日:2020年12月25日 コメント:レ・マッキオーレはイタリア、トスカーナの生産者。ここのトップキュベは3種類。メルロー100%のメッソリオ、シラー100%のスクーリオ、そしてカベルネ・フラン100%のパレオ。前回飲んだヴィンテージは2008だったか。その時の衝撃ほどではないがやはり完成度が高い。香りは清涼感のある森、炭、黒っぽい完熟のベリー、どこか埃っぽい部屋。アタックは濃厚なベリーがキレイなタンニンと酸と一体化。余韻も長くため息が出るワイン。

Pieropan/Soave Classico La Rocca 2011 (ピエロパン/ソアヴェ クラシコ ラ・ロッカ)

オススメ度:5/5 – great

生産者:Pieropan

ワイン名:Soave Classico Pieropan

タイプ:白

産地:イタリア、ヴェネト

品種:ガルガネーガ

価格帯:3,500円〜

ヴィンテージ:2011

テースティング日:2020年12月30日

コメント:ピエロパンはイタリアヴェネトの生産者。ソアヴェといえば2大巨頭としてはピエロパンとアンセルミか。このワインはピエロパンの最上位の畑からできたワインで特徴は樽を使用している。よほどブドウに自身がないとこれほど樽を利用することはできない。香りはオイリーで樽、厚みのある熟成した黄色い果実、パッションフルーツ、パインなど。アタックは強烈なミネラル感とボリューム。苦味と渋さと厚みのバランスが良く香りの通りの味。完全に近い。

Chiarli/Lambruco del Fondatore 2018(キアルリ/ニヴォラ ランブルスコ)

オススメ度:4/5  – very good

生産者:Chiarli

ワイン名: Lambursco del Fondatore

タイプ:スパークリング

産地:イタリア、エミリア・ロマーニャ

品種: ランブルスコ

ヴィンテージ:2018

価格帯:2,000円〜

テースティング日:2020年12月19日

コメント:キアルリはイタリア・エミリア・ロマーニャ州の生産者でランブルスコの概念を覆すほどの素晴らしい生産者。鮮度を保つため基本的にオーダが入ってから瓶詰めをしているこだわりよう。このワインは瓶内二次発酵で作られている。香りは新鮮ないちご、アタックは辛口でシンプルだがラズベリーのヒントが心地よい。ランブラスコが苦手な人はキアルリを一度試すと良い。

La Spinetta/ Gallina Barbera d’Alba 2003 (ラ スピネッタ/ガッリーナ バルベーラ ダルバ)

オススメ度:3/5 – good

生産者: La Spinetta

ワイン名: Gallina Barbera d’Alba

タイプ:赤

産地:イタリア、ピエモンテ

品種:バルベーラ

ヴィンテージ:2003

価格帯: 7,000〜

テースティング日:2020年12月10日

コメント: イタリア、ピエモンテ州の優良生産者であるスピネッタが作る化け物バルベーラ。17年経過しているが、まだまだ熟成可能でバルベーラとしては常識を覆すモンスターワイン。香りは赤黒いベリーのジャム系、インク、鉛筆の芯、ミント。アタックは面白く果実味豊かなフレッシュ感と同時に濃さがありきれいなワインとなっている。森林の中のような感覚。

Le Macchiole/Scrio 2004 (レ マッキオーレ/スクリオ)

オススメ度:5/5  -best of best

生産者: Le Macchiole

ワイン名: Scrio

タイプ:赤

産地:イタリア、トスカーナ

品種: シラー

ヴィンテージ: 2004

価格帯: 30,000〜

テースティング日:2020年12月4日

コメント: イタリアトスカーナ地方の所謂スーパートスカン。このワインは絶対に飲むべきワイン。マッキオーレは素晴らしいワインを3種だしており、カベルネ・フランのパレオ、メルローのメッソーリオ、そしてこのシラーのスクリオ。

香りはすみれ、森林、ミント、なめし革、炭、木樽、火薬など複雑。第一印象は透明感と奥行き。舌の上ではカカオ、炭、小さい赤い果実味。とにかくスケールが違いすぎる圧倒的なワイン。なぜこんな完璧なワインを作れるかまったくわからない・・

Contratto/ For England Spumante Rose Pas Dos 2014 (コントラット/フォー イングランド スプマンテ ロゼ パドゼ)

オススメ度:4/5 – very good

生産者:Contratto

ワイン名:For England Spumante Rose Pas Dose

タイプ:スパークリング

産地:イタリア、ピエモンテ

品種:ピノ・ネロ

価格帯:5,000-6,000円

ヴィンテージ:2014

テースティング日:2020年12月6日

コメント:コントラットはイタリア、ピエモンテの生産者でバルバレスコの有名生産者ラスピネッタが経営。地下修道院は貯蔵庫になっているが見学が可能。一度は見てみる価値がある。さて、そのスプマンテはその辺りのシャンパンを凌駕する。香りは白い果実で中心がピンク系。ウイスキーやナッツの風味。太い香りだ。アタックは細かい泡が心地よくドライだがボリューム感がすごい。洗練されており果実味も豊か。Pas Doseとはリキュールを添加していない(普通のシャンパンはする)こと。

Anselmi /San Vicenzo 2012 (アンセルミ/サン ヴィンチェンツォ)

オススメ度:4/5 – very good

生産者:Anselmi

ワイン名:San Vicenzo

タイプ:白

産地:イタリア、ヴェネト

品種:ガルガネーガ、シャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン

価格帯:2,000-2,500円

ヴィンテージ:2012

テースティング日:2020年12月4日

コメント:アンセルミはイタリアヴェネトの生産者でソアヴェと一線を隠すためソアヴェの名前は使わない。ソアヴェといえば個人的にアンセルミとピエロパンが抜き出ているように感じる。香りは桃、黄色い系の果実。なぜか樽のような風味とはちみつ、花梨、アプリコットなど。アタックは想像どおりの香りのままでなめらか。8年経過しているがフレッシュさが全体にありまだとろんとした感じになっていない。ほろ苦さがあとにきて全体が優しくまとまっている。流石。

Il Carpino/Vis Uvae 2016 (イル・カルピノ/ヴィス・ウヴァエ)

オススメ度:5/5  –  Great

生産者:Il Carpino

ワイン名:Vis Uvae

タイプ:白

価格帯:5,000-6,000円

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア

品種:ピノ・グリージョ

ヴィンテージ:2016

テースティング日:2020年11月1日

コメント:イル・カルピノはイタリア、フリウリの生産者。ヴィッスウヴァエとはラテン語で『葡萄の力』という意味。その名の通り力強く複雑で葡萄本来が持つポテンシャルを最大限まで引き出したワイン。見た目は赤ワインのような色合いで果実味が豊かなフルボディ。ジビエな料理にピッタリでこれがピノ・グリージョかと驚きを覚える衝撃的な一本。香りは野いちご、さくらんぼのような可愛らしい香りに、アタックはみずみずしく若々しい。まさにブドウを感じられる感じだが同時にタンニンも存在しており大人と子供が混ざった感じの印象。

Monteti/Caburnio 2014 (モンテティ/カブルニオ)

オススメ度:4/5 – very good

生産者:Monteti

ワイン名:Cabrunio

タイプ:赤

産地:イタリア、トスカーナ

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、アリカンテ、ブーシェ、メルロ、カベルネ・フラン、プチヴェルド

価格帯:2,500-3,000円

ヴィンテージ:2014

テースティング日:2020年11月1日

コメント:モンテティはイタリア、トスカーナの生産者。このワインはおすすめ。香りは上品で控えめながらしっかりとした骨格まで感じ取れる。赤黒い果実、スパイシー、ハーブ香が混ざり合い妖艶さを感じる。アタックは単純に美味しく現地で飲むようなワイン。深い森、あさぎり、苔、小さい果実のベリー。とても良い。

Il Carpino/Exordium 2016 (イル・カルピノ/エクゾディアム)

オススメ度:5/5  –  Great

生産者:Il Carpino

ワイン名:Exordium

タイプ:白

価格帯:4,500-5,500円

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア

品種:フリウラーノ

ヴィンテージ:2016

テースティング日:2020年11月1日

コメント:イル・カルピノはイタリア、フリウリの生産者。醸造責任者の子供たちが初めて手掛けためワイン名はエクゾディアム。ラテン語の『初めて』を意味する。フリウリ州の名前を冠したフリウラーノ100%のワインでアーモンドや白い花の香り。柔らかい酸味が心地よく、フルボディではあるが同時に飲みやすいオレンジワイン。

輸入後2週間後の試飲ではバラバラ感があったが、一ヶ月経過して本来の味を取り戻した感じ。香りは樽香、アーモンド、柑橘系で全体的に爽やか。アタックは落ち着いておりまさにフルボディ。ミネラル感がしっかりとワインを支えており余韻も長い。