Il Carpino/Chardonnay 2009 (イルカルピノ/シャルドネ​)

Il Carpino/Chardonnay 2009 (イルカルピノ/シャルドネ​)

Rate:4/5  –  very good

Producer:Il Carpino

Wine Name:Chardonnay

Type:White

Price:5,000 yen〜

Place:Italia, Friuli Venezia Giulia

Grape Variety : Chardonnay

Vintage:2009

Tasting date:April 4, 2021

Tasting Note:イルカルピノはイタリアフリウリ州の生産者。香りは花の蜜を軽く燻した感じ、樽香。アタックはとても分厚くフルボディ。黄色い果実味の下にほろ苦さと洋梨のコンポートなど。飲み頃。

l Carpino/Ribolla Gialla 2012 (イル・カルピノ/リボッラジャッラ)

オススメ度:5/5  –  great

生産者:Il Carpino

ワイン名: Ribolla Gialla

タイプ:白

価格帯:5,000円〜

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア

品種:リボッラ・ジャッラ

ヴィンテージ:2012

テースティング日:2021年2月29日

コメント:イル・カルピノはイタリア、フリウリの生産者。リボッラ・ジャッラは土着品種となります。香りは熟した黄色い果実、洋梨のコンポート。アタックはまろやかでボリューム感あるが上品で繊細。茶色系の香りと渋みも上品でまだまだ若々しさもある。偉大なワイン。

Il Carpino/Vigna Runc Ribolla Gialla 2018 (イル・カルピノ/ヴィーニャルンク リボッラジャッラ)

オススメ度:4/5  –  very good

生産者:Il Carpino

ワイン名:Vigna Runc Ribolla Gialla

タイプ:白

価格帯:3,000円〜

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア

品種:リボッラ・ジャッラ

ヴィンテージ:2018

テースティング日:2021年4月3日

コメント:イル・カルピノはイタリア、フリウリの生産者。リボッラ・ジャッラは土着品種となります。香りはフローラルで香水、ブーケのような印象。フレッシュだが同時に複雑で全体的に洗練されている

Vigna del Lauro/Collio Ribolla Gialla (ヴィーニャ・デル・ラウロ/ コッリオ リボッラ・ジャッラ)

オススメ度:4/5 -very good

生産者: Vigna del Lauro

ワイン名:Collio Ribolla Gialla

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ

品種:リボッラ・ジャッラ

価格帯:2,000円〜

ヴィンテージ:2013

テースティング日:2021年3月21日

コメント:ヴィーニャデルラウロはイタリアフリウリの生産者。白ワインの聖地であるフリウリのコスパの良いワイン。香りは蜜、白い花、洋梨、樽は使っていないが少し木の香り。アタックはシンプルでバランスが良く適度の果実とほろ苦さのバランスが良い。

Roman Rizzi/Piè di Mont 2016 (ロマン・リッジ/ピエ・ディ・モン)

オススメ度:4/5  –  very good

生産者:Roman Rizzi

ワイン名:Piè di Mont

タイプ:スパークリング

価格帯:5,000円〜

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア

品種:ピノ・ネロ、シャルドネ、リボッラ・ジャッラ

ヴィンテージ:2016

テースティング日:2021年3月20日

コメント:ロマンリッジはイタリア、フリウリの生産者。ヴィンテージのシャンパン方式のスパークリングのみ年間1万本しか作らないこだわりの生産者。

香りは生クリームのようなニュアンスと甘い果実、カリンなどの柑橘系。アタックはまろやかであるが同時に分厚い層を持っている。ショートケーキなどと相性が良さそう。

Contratto/ For England Spumante Alta Langa 2014 (コントラット/フォー イングランド スプマンテ アルタ ランガ)

オススメ度:4/5 – very good

生産者:Contratto

ワイン名:For England Spumante Alta Langa

タイプ:スパークリング

産地:イタリア、ピエモンテ

品種:ピノ・ネロ

価格帯:5,000円〜

ヴィンテージ:2014

テースティング日:2021年3月25日

コメント:コントラットはイタリア、ピエモンテの生産者でバルバレスコの有名生産者ラスピネッタが経営。地下修道院は貯蔵庫になっているが見学が可能。一度は見てみる価値がある。

香りは生クリーム、黄色系の花、ブリオッシュなど。アタックはバランスが良く複雑で繊細。きめ細かい泡と層が重なった果実味。素晴らしいワイン。

Bolzano/St, Maddalena Lagrein Riserva Taber (ボルツァーノ/サンタ マッダレーナ ラグレイン リゼルヴァ タベール)

オススメ度:4/5 – Very good

生産者:Cantina Bolzano

ワイン名:St. Maddalena Lgrein Riserva Taber

タイプ:赤

産地:イタリア、トレンティーノ・アルト・アディジェ

品種:ラグレイン

価格帯:6,000円〜

ヴィンテージ:2011

テースティング日:2021年3月17日

コメント: カンティーナ・ボルツァーノはイタリアの北部、トレンティーノ・アルト・アディジェの生産者。共同組合であるがその品質はトップを誇る。ラグレインはこの地域の地品種。香りは森林、ハーブ、赤紫の果実。アタックは柔らかく上品な果実味が全体を覆い、骨格もしっかりしている。ラグレインは全体的に若いうちは硬いが10年ほど熟成すると素晴らしいバランスの取れたワインになる。

La Viarte/Friulano Liende 2016 (ラ・ヴィアルテ/フリウラーノ リエンデ)

オススメ度:5/5  –  great

生産者:La Viarte

ワイン名:Friulano Liende

タイプ:白

価格帯:5,000円〜

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア

品種:フリウラーノ

ヴィンテージ:2016

テースティング日:2021年1月30日

コメント:ラ ヴィアルテはイタリア、フリウリの生産者。香りはユリ、完熟した洋梨、ナッツ。アタックは全体的に丸く、完熟した南国フルーツ、妖艶な色気のあるワイン。スパイシーな料理に合う。

在庫あり:https://gdwine.square.site/product/la-viarte-friulano-liende-2016/21?cs=true&cst=custom

Goretti/ Sagrantino Di Montefalco 2008 (ゴレッティ/サグランティーノ ディ モンテファルコ)

オススメ度:4/5 – very good

生産者: Goretti

ワイン名:Sagrantino di Montefalco

タイプ:赤

産地:イタリア、ウンブリア

品種:サグランティーノ

価格帯:3,500円〜

ヴィンテージ:2008

テースティング日:2021年1月30日

コメント:ゴレッティはイタリア、ウンブリアの生産者。サグランティーノはウンブリアでも一部の地域のみ。香りは梅、炭、プルーンなど。アタックは赤黒い果実の凝縮したコク。底辺に柔らかい苦味と奥に密やかな酸味。後味はタンニンのかみかみが残る。

La Viarte/Tazzelenghe 2012 (ラ・ヴィアルテ/タッチェレンゲ)

オススメ度:4/5  –  very good

生産者:La Viarte

ワイン名:Tazzelenghe

タイプ:赤

価格帯:6,000円〜

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア

品種:タッチェレンゲ

ヴィンテージ:2012

テースティング日:2021年2月1日

コメント:ラヴィアルテはイタリア、フリウリの生産者。タッツェレンゲは「舌を切る」という意味の希少なフリウリ州土着品種で、その名の通りタンニンと酸が多く、リリースまでに7、8年もの歳月を要します。

香りは黒果実系で落ち着いている。チョコレート、炭、ダークチェリー、タバコなど。酸味がやはりしっかりしていて底辺を支えている。幻の品種。一度は飲んでみてください