Il Carpino/Vigna Runc Bianco Runc 2012 (イル・カルピノ/ヴィーニャ・ルンク ビアンコ・ルンク)

オススメ度:5/5

生産者:Il Carpino

ワイン名:Vigna Runc Bianco Runc

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ

品種:マルヴァジア、ソーヴィニヨン・ブラン、トラミネール

価格帯:2,500-3,000円

ヴィンテージ:2012

テースティング日:2020年6月15日

コメント:イル・カルピノはイタリア、フリウリの生産者。フリウリでは有名なグラヴナーとラディコンの隣に位置する。このワインはフレッシュを売りにしているワインだが熟成をしても面白い。若いうちはグリーン、イエローな感じだが香りは熟成した柑橘系の果実味。アタックはまろやかんでバランスが取れており、熟したオレンジ、みかんなど。底辺の酸味と果実味に絡まる苦味のバランスが良い。

Vodopivec/Vitovska 2007 (ヴォドピーヴェッツ/ヴィトフスカ)

オススメ度:5/5

生産者:Vodopivec

ワイン名:Vitovska

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア

品種:ヴィトフスカ

価格帯:6,000-8,000円

ヴィンテージ:2007

テースティング日:2020年6月7日

コメント:ヴォドピーヴェッツはイタリア、フリウリの生産者で自品種のヴィトフスカの葡萄を使ったワインだけを作る珍しい生産者。香りは熟成した果実でアプリコット、ビワなど。凛とした真っ直ぐな香り。アタックは13年経過しているからかまろやかで丸く上品に熟成した果実味、ほろ苦さ。底辺をうまく酸味が支えているので骨格がしっかりとしている。自然派、オレンジワインの生産者だが巷によくあるシェリー香や還元臭はまったくなく果実味が豊かでとにかくスケールが大きい。この地域には6度ほど訪れているがまだ話したがことがない生産者。次回は話をしてみよう。

La Viarte/Pinot Grigio 2018 (ラ・ヴィアルテ/ピノ・グリージョ)

オススメ度:3/5

生産者: La Viarte

ワイン名: Pinot Grigio

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア

品種:ピノ・グリージョ

ヴィンテージ:2018

価格帯: 2,000〜4,000円

テースティング日:2020年1月4日

コメント: La Viarteはイタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアの生産者。このワインはピノ・グリらしい洋梨と青りんごをはっきりと感じる。アタックはキレイで果実味が豊か。舌に少しピリピリと感じる。良い。日本未入荷。

Il Carpino/Vigna Runc Friulano 2018 (イル・カルピノ/ヴィーニャルンク フリウラーノ)

オススメ度:3/5

生産者: Il Carpino

ワイン名: Vigna Runc Friulano

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア

品種:フリウラーノ

ヴィンテージ:2018

価格帯: 2,000〜3,000円

テースティング日:2020年1月2日

コメント: イル・カルピノはイタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアの生産者。ヴィーニ・ルンクシリーズはフレッシュが信条なのでステンレスのみ使用。フリウラーノ地品種。このワインは香りは控えめだがバランスとミネラル感が良い。少し冷やして夏に飲むのも良い。@現地にて。日本未入荷。

La Viarte/Friulano Liende 2017 (ラ・ヴィアルテ/フリウラーノ リエンデ)

オススメ度:4/5

生産者: La Viarte

ワイン名: Firuliano Liende

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア

品種:フリウラーノ

ヴィンテージ:2015

価格帯: 4,000〜6,000円

テースティング日:2020年1月4日

コメント: La Viarteはイタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアの生産者。このワインは白ワインのリゼルヴァシリーズ。香りは薄いが青りんご、はちみつ、白い花、アーモンドを感じる。構成はしっかりしていて果実味と酸味と苦味のバランスが良い。日本未入荷。

Il Carpino/Ribolla Gialla 2007 (イル・カルピノ/リボッラ・ジャッラ)

オススメ度:4/5

生産者: Il Carpino

ワイン名: Ribolla Gialla

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア

品種:リボッラ・ジャッラ

ヴィンテージ:2007

価格帯: 5,000〜7000円

テースティング日:2020年1月11日

コメント: イルカルピノはイタリアフリウリにある生産者。このワインはいわゆるオレンジワインで13年経過。香りは甘い蜜、カリン、シナモンなど複雑。アタックは丸く優しいがボリューム感がある。余韻も長く少し苦味も感じる。きれいな熟成。素晴らしい。

La Viarte/Sauvignon Liende 2017 (ラ・ヴィアルテ/ソーヴィニヨン リエンデ)

オススメ度:4/5

生産者: La Viarte

ワイン名: Sauvignon Liende

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア

品種:ソーヴィニヨン

ヴィンテージ:2017

価格帯: 4,000〜6,000円

テースティング日:2020年1月4日

コメント: La Viarteはイタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアの生産者。香りはあまり強くないが、ナッツ、アニス、レモン、グループフルーツ。酸味とミネラル感が心地よい。日本未入荷。

La Viarte/Arteus 2016 (ラ・ヴィアルテ/アルテウス)

オススメ度:3/5

生産者: La Viarte

ワイン名: Arteus

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア

品種:シャルドネ、フリウラーノ、リースリング

ヴィンテージ:2016

価格帯: 2,000〜4,000円

テースティング日:2020年1月4日

コメント: La Viarteはイタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアの生産者。このワインは珍しい組み合わせのブレンド。香りはリースリングの香りが強く青りんご、洋梨、かりん、甘い蜜。アタックもリースリングににていて少しとろんとしているがスマートな印象。良い。日本未入荷。

La Viarte/Ribolla Gialla 2018 (ラ・ヴィアルテ/リボッラ・ジャッラ)

オススメ度:3/5

生産者: La Viarte

ワイン名: Ribolla Gialla

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア

品種:リボッラ・ジャッラ

ヴィンテージ:2018

価格帯: 2,000〜4,000円

テースティング日:2020年1月4日

コメント: La Viarteはイタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアの生産者。全体的にクリーンでフレッシュなワインを生産。このワインは香りが華やかで、レモン、グレープフルーツ、パッションフルーツ。味は旨味を感じる。果実味が豊かで酸の伸びがきれい。良い。日本未入荷。

Il Carpino/Vis Uvae 2016 (イル・カルピノ/ヴィッスーバ)

オススメ度:5/5

生産者: Il Carpino

ワイン名: Vis Uvae

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア

品種:ピノ・グリージョ

ヴィンテージ:2015

価格帯: 5,000〜8,000円

テースティング日:2020年1月2日

コメント: イル・カルピノはイタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアの生産者。Vis Uvaeとはラテン語でワインの命という意味。ピノ・グリージョをオレンジワイン(赤ワインのように白ワインをつくる)として生産。2010年のヴィンテージが家にあるので何度も飲んでいるがこの2016年の最新ヴィンテージは驚き。すごい進化でまさに極上のピノ・ノワールを飲んでいる感じだが白ワインなので重くない。獣臭や赤スグリなどの香りで味わいはとにかくキレイ。凄いワイン@現地にて。日本未入荷。