Il Carpino/Exordium2012 (イル・カルピノ/エクソルディアム)

オススメ度:4/5

生産者: Il Carpino

ワイン名: Collio Friulano

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア

品種:フリウラーノ

ヴィンテージ: 2012

価格帯: 5000-6000円

テースティング日:2017年5月7日

コメント: イタリア北東部フリウリのワインで友達のフランコが作っています。このワインは私のお気に入りの一つでほとんど日本では手に入らない。とにかく濃い味でマスカットや、お米、レモンなどの香りもします。

Il Carpino/Vigna Runc Bianco Runc 2010 (イル・カルピノ/ヴィーニャルンク ビアンコ ルンク)

オススメ度:4/5

生産者: Il Carpino

ワイン名: Vigna Runc Bianco Runc

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア

品種:ソーヴィニヨン・ブラン、マルヴァージア、トラミネール

ヴィンテージ: 2010

価格帯: 3500-4000円

テースティング日:2013年12月8日

コメント: イタリア北東部フリウリのワインで友達のフランコが作っています。基本的にこのワイナリーは2つのシリーズがあって、フレッシュな樹齢が若い木をつかってタンクだけでつくるVigna Runcシリーズと、樽を使って本格的につくるIl Carpinoラインがあります。このワインは前者。

香りは香水のように強く白い花。少し経過するとみかんの柑橘系。アタックはフルーツをかじっている感覚。グレープフルーツの白い皮のところの苦味もあり美味しい。日本での流通は限定的となります。

La Viarte/Saivignon Liende 2016 (ラ・ヴィエルテ/ソーヴィニヨン リエンデ)

オススメ度:3/5

生産者: La Viarte

ワイン名: Sauvignon Liende

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア

品種:ソーヴィニヨン・ブラン

ヴィンテージ: 2016

価格帯: 

テースティング日:2019年10月30日

コメント: イタリア北東部フリウリの生産者で日本未輸入。フリウリのソーヴィニヨン・ブランは一般的には香りがすごいがこのワインは優しい香りで味は濃い。ロワールのソーヴィニヨン・ブランのような香りでフリウリらしくはないが美味しい

La Viarte/Friuliano Liende 2017 (ラ・ヴィエルテ/フリウラーノ リエンデ)

オススメ度:5/5

生産者: La Viarte

ワイン名: Friulano Liende

タイプ:白

産地:イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア

品種:フリウラーノ

ヴィンテージ: 2017

価格帯: 

テースティング日:2019年10月30日

コメント: イタリア北東部フリウリの生産者で日本未輸入。フリウラーノは地品種となります。このワインは香りは優しくカリン、白い花。アタックはすこし発泡性がのこっていてピリピリしていますが、バランスが良く厚みがある。酸味もきれいで余韻も長い。素晴らしい

Le Due Terre

Region: Friuli-Venezia Guilia, Italia      

Recommendation:

  • Sacrisassi Rosso

Comment: 2つの土地(テロワール)という名前のワイナリ。フリウリと言えば白が有名ですが赤ワインも面白いです。地品種のレフォスコスキオペッティーノを使ったこのワインは繊細です

Miani

Region: Friuli-Venezia Guilia, Italia      

Recommendation:

  • Friulano
  • Merolot

Comment: カルトワイン?として知られるミアーニですが、直接本人と話すとわかりますが、そのワイン作りは愚直に一生懸命作っているだけです。メルロー飲んだことないっていったら押し入れみたいなとこから持ってきてくれました。いまでは手に入らないヴィンテージでしたが・・ガレージのようなワイナリで樽も数個、ステンレスタンクも数機。その生産量の少なさと品質を考えるとやはり高くなるのは当然かと。 あまりコスパは良くないですが、絶対に飲んでおくべきワインだと思います

Jermann

Region: Friuli-Venezia Guilia, Italia      

Recommendation:

  • Dreams (vintage 2001 or before)
  • Capo Martine (vintage 2001 or before)

Comment: 正直イエルマンをオススメ生産者にいれていいものか、迷いましたが、フリウリワインが好きになったきっかけであり、友人のフランコとの出会いのきっかけでもあるため入れました。イエルマンといえばシャルドネを使ったWhere Dreams…で有名になった方ですが、地品種の組み合わせで作っているCapo Martineも美味しいです。

残念ながら、ここ10年は商業主義に走ってしまい、ボルドーワインと同じく品質と価格が見合わなくなってしましました(10年前の2倍以上の値段)ので今は買いではないです。ただしフリウリを有名にした功績は大きいと思います。

Winery: Vigna del Lauro

Region: Friuli-Venezia Guilia, Italia      

Recommendation:

  • Ribolla Gialla

Comment: 友人のIl carpinoのフランコと同じ地域、北イタリアのフリウリ州のワイナリ。今はなんかオレンジワインってので騒がしいですが、そもそもここは白ワインの世界的に有名な産地。ここでイタリアの地品種である、Ribolla Giallaは熟成のポテンシャルも高くフリウリといえばこの品種でしょう。

このワイナリ、値段は安いのですがそのワインは恐ろしい。ただし抜栓後3日後に飲んでください。さもなければただの安いワインで終わります。1000円台のフリウリのワインはなかなかありませんのからお買い得です

Il Carpino (イル・カルピノ)

おすすめワイン生産者

Winery:  Il Carpino

Region:  Friuli-Venezia Guilia, Italia

Recommendation:

・Selezione Ribolla Gialla Il Carpino (White Wine)

・Selezione Marvasia Il Carpino (White Wine)

・Selezione Pinot Grigio Vis Uvae Il Carpino (White Wine)

・Vigna Runc Bianco Runc Il Carpino (White Wine)

・Selezione Cabernet Sauvignon Il Carpino (Red Wine)

・Rubrum (Red Wine)

Comment:  ベネチアから2時間ほど車で北にいったところにフリウリはあります。フリウリは白ワイン生産地として世界的にも有名なところです。タイプによりますが、赤ワインのような作り方をするものについては、ワイン自体に厚みがすごく肉やエスニック料理にもあいます。この生産者は私の親友で、私の結婚式にも来日してくれました。来日でお会いしたのが3回ほど、私がフリウリにいったのは6回ほどですので、ワインの作り方なども季節ごとでみてきました。

試していただきたいのがフリウリの地品種であるRibolla Gialla。注意事項としては抜栓してから少なくとも3日間は味の変化を楽しんでください。2日目以降にならないとこのワイン(というかCarpinoのワインすべて共通)の真価はわかりません。またメルロー種を使ったRubrumも化け物のようなワインですので、見かけたら絶対買いです。