Garofoli /Macrina Verdicchio Di Castelli Di Jesi Classico Superiore 2018 (ガロフォリ/マクリーナ ヴェルディッキオ デイ カステッリ ディ イェージ クラシコ スペリオーレ)

オススメ度:3/5 – good

生産者:Garofoli

ワイン名:Macrina Verdicchio dei Castelli di Jesi Classico Superiore

タイプ:白

産地:イタリア、マルケ

品種:ヴェルディッキオ

ヴィンテージ: 2018

価格帯: 1200-1500円

テースティング日:2020年12月8日

コメント: イタリア、マルケの雄、ガロフォリのコスパワイン。香りはレモン、パッションフルーツ。アタックはフレッシュ感と豊かな果実味、グレープフルーツ。コスパよし。キンキンに冷やしてサービス。

Umani Ronchi/Pelago 1997 (ウマニ ロンキ/ペラーゴ)

オススメ度:4/5  – very good

生産者:Umani Ronchi

ワイン名:Pelago

タイプ:赤

産地:イタリア、マルケ

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、モンテプルチアーノ、メルロー

価格帯:7,000-9,000円

ヴィンテージ:1997

テースティング日:2020年11月29日

コメント:ウマニ・ロンキはイタリアマルケ州の第一人者。このワインは赤ワインのフラッグシップでスーパーマルケと呼ばれる。23年経過しているがまだ活きいきとしていて、香りは獣、なめし革、黒みがかったベリー、ミント、墨など複雑。アタックはまろやかでスモーキーさが上層にあり、中層は酸味がじゅわっと効いており、下層はコクを感じる自然体なワイン。流石の1本。

Lucchetti/Guardengo Lacrima di Morro d’Alba Superiore 2012 (ルケッティ/グアルデンゴ ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ スペリオーレ)

オススメ度:3/5 – good

生産者:Lucchetti

ワイン名:Guardengo Lacrima di Morro d’Alba Superiore

タイプ:赤

産地:イタリア、マルケ

品種:ラクリマ

価格帯:2,000-3,000円

ヴィンテージ:2012

テースティング日:2020年11月21日

コメント: ルケッティはイタリア、マルケ州の生産者。ラクリマというマルケの品種はバラの香りが特徴。そのとおりで香りは華やかなバラをはっきりと感じる。すみれ、プルーン、カシスなど。アタックは果実味のある甘いアタックだがバランスもよく酸味にキレがある。ラクリマの熟成したものはあまり飲む機会がないが、8年経過で複雑味が増している。

De Angelis/ Rosso Piceno Superiore Oro 2009 (デ アンジェリス/ロッソ ピチェーノ スペリオーレ オーロ)

オススメ度:3/5  – good

生産者:De Angelis

ワイン名: Rosso Piceno Superiore Oro

タイプ:赤

価格帯:2,500- 3,500円

産地:イタリア、マルケ

品種:モンテプルチアーノ、サンジョベーゼ

ヴィンテージ:2009

テースティング日:2020年8月21日

コメント:デ・アンジェリスはイタリアマルケの生産者でコスパが良い。香りはパウンドケーキ、アニス、深林、胡椒、ミントなど。アタックは丸いタンニンと甘い果実。火打ち石のような香りと胡椒の印象もある。飲み頃だがまだまだ熟成できる。

Umani Ronchi/Casal di Serra Verdicchio dei Castelli di Jesi Classico Superiore 2012 (ウマニ ロンキ/カサル ディ セッラ ヴェルディッキオ デイ カステッリ ディ イエージ クラシコ スペリオーレ)

オススメ度:5/5 * Best of Best

生産者:Umani Ronchi

ワイン名:Casal di Serra Verdicchio dei Castelli di Jesi Classico Superiore

タイプ:白

産地:イタリア、マルケ

品種:ヴェルディッキオ

価格帯:1,500-2,000円

ヴィンテージ:2012

テースティング日:2020年8月17日

コメント:ウマニ・ロンキはイタリアマルケ州の第一人者。ヴィンテージ2012を久しぶりにテースティング。熟成感のある黄金色の外観。複雑な香りで蜜、かりん、白い花、鉄など。アタックは丸く下に蜜がまとわりつくような感じで最高の状態。ヴェルディッキオは熟成するとオイリーになるがこれもオイリー感が心地よい。

Garofoli/Piancarda Rosso Conero 2011 (ガロフォリ/ピアンカルダ ロッソ コーネロ)

オススメ度:4/5  – Very good

生産者:Garofoli

ワイン名:Piancarda Rosso Conero

タイプ:赤

産地:イタリア、マルケ

品種:モンタルチーノ

価格帯:1,500-2,500円

ヴィンテージ:2011

テースティング日:2020年8月10日

コメント:ガロフォリはイタリア、マルケの生産者で大手。このワインはマルケの赤ワインで9年経過して良い熟成を遂げている。香りは赤いツンとしたお酢、深林、炭、苔など。アタックは優しく柔らかな苦味と焦がしたような風味。果実味の切れ味がよく余韻はあまりないが軽い感じが良い。

La Monacesca/Verdicchio di Matelica (ラ モナチェスカ/ヴェルディッキオ ディ マテリカ)

オススメ度:3/5

生産者:La Monacesca

ワイン名:Verdicchio di Matelica

タイプ:白

産地:イタリア、マルケ

品種:ヴェルディッキオ

価格帯:2,000-2,500円

ヴィンテージ:2017

テースティング日:2020年7月18日

コメント:ラモナチェスカはイタリア、マルケ州の生産者でどちらかというと内陸部に位置する。ヴェルディッキオで有名なのはカステリイエジだがこちらは違う地域のものでマテリカのもの。

レモン色の外観。香りは麦、レモン、日本のみかん。アタックはなめらかでバランスが良く。コクとほろ苦さがある。

Garofoli/Macrina Verdicchio di Castelli di Jesi Classico Superiore 2018 (ガロフォリ/マクリーナ ヴェルディッキオ デイ カステッリ ディ イェージ クラシコ スペリオーレ)

オススメ度:4/5

生産者:Garofoli

ワイン名:Macrina Verdicchio di Castelli di Jesi  Classico Superiore

タイプ:白

産地:イタリア、マルケ

品種:ヴェルディッキオ

価格帯:1,000-1,500円

ヴィンテージ:2018

テースティング日:2020年6月12日

コメント:ガロフォリはイタリア、マルケの生産者で大手。このワインはガロフォリのコスパワイン。香りはパッションフルーツ、レモン、カリン。アタックは意外とボリュームがあり、果実味が前面にでてくる。同時にほろ苦さもあって食事に合う。

Cantina Offida/Rosso Piceno Superiore 2011 (カンティーナ オッフィーダ/ロッソ ピチェーノ スペリオーレ)

オススメ度:3/5

生産者:Cantina Offida

ワイン名:Rosso Piceno Superiore

タイプ:赤

産地:イタリア、マルケ

品種:モンテプルチアーノ、サンジョベーゼ

価格帯:1,500-2,000円

ヴィンテージ:2011

テースティング日:2020年5月26日

コメント:カンティーナ・オッフィーダはイタリア、マルケ州の生産者。このワインは9年経過しておりこの価格帯ではかなり熟成されている。香り暗いイメージで黒すぐり、インク、墨など。アタックはバランスがよく黒い果実味とやはり墨のような印象。

Umani Ronchi/ Fonte Del Re Lacrima Di Morro D’alba 2012 (ウマニ ロンキ/フォンテ デル レ ラクリマ ディ モッロ ダルバ)

オススメ度:3/5

生産者:Umani Ronchi

ワイン名:Fote del Re Lacrima di Monrro d’Alba

タイプ:赤

産地:イタリア、マルケ

品種:ラクリマディモッロダルバ

価格帯:1,500-2,000円

ヴィンテージ:2012

テースティング日:2020年5月15日

コメント:ウマニ・ロンキはイタリアマルケ州の生産者で第一人者。ラクリマはマルケの固有品種で基本バラの香りが特徴。このワインも若いときはバラの香りがあるが、8年経過してその香りはせずにプラム、鉛筆、インク、墨などの黒い香りが主体。アタックは丸くタンニンは溶け込んでいて良い。やはりインク系の深い濃い味で果実味はあまり感じない。変化が大きく面白い。