Besserat de Bellefon/Brut Grande Tradition NV (ベスラ・ド・ベルフォン/ブリュット グラン・トラディション)

オススメ度:3/5

生産者: Besserat de Bellefon

ワイン名: Brut Grande Tradition

タイプ:スパークリング

産地:フランス、シャンパーニュ

品種:シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ

ヴィンテージ:NV

価格帯: 4000〜5000円

テースティング日:2019年11月20日

コメント: ロスのラウンジにあったシャンパン。香りは柑橘系と樽。アタックは少しもっさりしているが、良く言えばボリューム感がある。甘い柑橘系が残るので糖分が少し多いかな。

Marcel Richaud/Cotes Du Rhone Villages Cairanne Roug 2017 (マルセル リショー /コート デュ ローヌ ヴィラージュ ケランヌ ルージュ)

オススメ度:3/5

生産者:Marcel Richaud

ワイン名: Cotes du Rhone Village Cairanne

タイプ:赤

産地:フランス、ローヌ

品種: グルナッシュ、ムーロヴェルド、カリニャン、シラー

ヴィンテージ: 2017

価格帯: 4000-4500円

テースティング日:2019年10月14日 コメント: フランス南に位置するローヌ地方。そのワインは赤も白も圧巻な素晴らしいワインが多い。このワイン、コート・デュ・ローヌ ヴィラージュ(村名ワインのこと)は恐らく誰にでも親しめる感じだと思う。果実味も豊かでタンニンも強くなくバランスも良い。

Dom. Ballorin & F. /Bourgogne Passetoutgrain Le Téméraire 2009 (ドメーヌ・バラロン・エ・エフ/ブルゴーニュ・パストゥーグラン)

オススメ度:3/5

生産者:Dom. Ballorin & F.

ワイン名: Bourgogne Passetoutgrain Le Téméraire

タイプ:赤

産地:フランス、ブルゴーニュ

品種: ピノ・ノワール、ガメイ

ヴィンテージ: 2009

価格帯: 3000-4000円

テースティング日:2019年10月14日

コメント: ブルゴーニュ地方の赤ワイン品種、ピノ・ノワールとガメイを使ったワイン。

全体的にこじんまりとはしているが、10年経過で獣臭もでて、バランスが良く、果実味も残っており、うまく熟成した感じ。 写真は同じ生産者で違うワイン

Domaine Mosse/Chenin 2017 (ドメーヌ モス/シュナン)

オススメ度:3/5

生産者:Domaine Mosse

ワイン名: Chenin

タイプ:白

産地:フランス、ロワール

品種: シュナン・ブラン

ヴィンテージ: 2017

価格帯: 3500-4000円

テースティング日:2019年10月14日

コメント: フランス中部のロワール地方のワイン。シュナン・ブランは私も好きな葡萄品種の1つでここが本場。

このワイナリーもビオということで自然派だそうですがワインはバランスもよく果実味豊か、香りも柑橘系で少しパッションフルーツ。酸味も心地よい。

Domaine Pont de Breux/Savagnin 2010 (ドメーヌ ポン・ド・ブリュ/サヴァニャン)

オススメ度:3/5

生産者:Domaine Pont de Breux

ワイン名: Savagnin

タイプ:白

産地:フランス、ジュラ

品種: サヴァニャン

ヴィンテージ: 2010

価格帯: 3000-3500円

テースティング日:2019年10月14日

コメント: 珍しいフランスのジュラ地方のワイン。ヴァン・ジョーヌ(黄色いワイン)で有名な地方だがワインは特徴的で大体シェリー香り(酸化)がする。

このワインははっきりとしたみかんの香り、還元臭(腐ったゆで卵の香り)もあるので所謂ビオデナミ。あまり得意なタイプではないが普通に飲める。写真は同じ生産者で別のワイン。

Villa Chavin/Vin Moussux Brut (ヴィッラ・シャヴァン/ヴァン・ムスー・ブリュット)

オススメ度:3/5

生産者: Villa Chavin

ワイン名: Vin Moussux Brut

タイプ:スパークリング

産地:フランス、ラングドック・ルーション

品種:シャルドネ

ヴィンテージ: NV

価格帯: 1000-1500円

テースティング日:2019年9月16日

コメント: 南仏のラングドック・ルーションで作られるスパークリング。華やかな柑橘系、レモンの香りとスッキリとした飲み口にグレープフルーツの苦味が後味に。1,000円としては良い。

Domaine des Amouriers/Cotes de Rhone 2011 (ドメーヌ・ド・ザムリエ / コート・デュ・ローヌ)

オススメ度:3/5

生産者: Domaine des Amouriers

ワイン名: Cotes de Rhone

タイプ:赤

産地:フランス、ローヌ

品種:グルナッシュ、シラー、カリニャン

ヴィンテージ:2011

価格帯: 2000円

テースティング日:2013年11月3日 コメント: 香りは葡萄の皮、アタックはまろやかでタンニンもしっかり。黒赤いベリー系の味。

Baron de Breban/Brut Blanc de Blancs NV(バロン・ド・ブルバン/ブリュット ブラン・ド・ブラン)

オススメ度:3/5

生産者: Baron de Breban

ワイン名: Brut Blanc de Blancs

タイプ:スパークリング

産地:フランス、プロヴァンス

品種:ユニ・ブラン、コロンバール、シャルドネ

ヴィンテージ:NV

価格帯: 1200円

テースティング日:2014年5月4日

コメント: フランス、プロヴァンスで作られるデイリースパークリング。ユニ・ブラン、コロンバールは葡萄品種のことで、コニャックなどで使われる大量生産の葡萄。ワインをこれでつくると恐ろしいほど平坦な味になる。

香りは薄く、黄色い花、果実系はあまり感じない。アタックはミネラル感を感じでドライ。柑橘系の風味とラムネっぽい風味は独特。

Perrier-Jouet/Grand Brut NV (ペリエ・ジュエ/グラン・ブリュット)

オススメ度:4/5

生産者: Perrier-Jouet

ワイン名: Grand Brut

タイプ:スパークリング

産地:フランス、シャンパーニュ

品種:シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ

ヴィンテージ:NV

価格帯: 4500円

テースティング日:2019年8月23日

コメント: シャンパーニュには大手のメゾン(ワイナリ)が市場をほぼ独占しているがモエシャンドン、アンリオ、ヴーヴクリコ、ロデレール、マムなどあるが、これらのメゾンの本質を味わうには必ずNV(ヴィンテージがないもの)を選ぶことが重要です。つまり、ドンペリ(モエシャンドンのフラッグシップ)を飲んでもモエシャンドンの本質は見えないのです、なぜならドンペリのようなプレステージのシャンパンは特別に作っているからです。

というわけで、今回はペリエ・ジュエのノーマルバージョン。ペリエ・ジュエはワイン好きならベルエポック(プレステージワイン)でお馴染みですね。特徴は黒ブドウを多く使っているので男性的な力強いシャンパンとなります。例外はありますが、一般的にシャルドネが多いものは繊細で酸が綺麗。逆に黒葡萄(ピノ・ムニエ、ピノ・ノワール)が多いものは力強くなります。

コメント忘れていました。香りは果実味が強く洋梨のコンポートやグレープフルーツ、樽のバニラ香もします。アタックは力強く果実味とコクがあります。樽香とグレープフルーツなどの果実味も広がります。余韻は長く熟成感も感じる。良い。

Chateau Prince/J.Delmare Cremant de Loire

オススメ度:3/5

生産者: Chateau Prince

ワイン名: J.Delmare Cremant de Loire

タイプ:スパークリング

産地:フランス、ロワール

品種:シャルドネ、シュナン・ブラン

ヴィンテージ:NV

価格帯: 3000円

テースティング日:2019年8月20日

コメント:Cremantはスパークリングのことなので、ワイン名はロワールのスパークリングワイン。ロワール地方は意外とお手頃のクレマンが多いのでおすすめの地域です

香りは弱い黄色い花、麦、青りんご。アタックは果実味が強く泡は強くない。バランスがよく青りんごの後味が残る。